どうぶつの森関連

    1:2017/11/28(火) 11:50:06.46 ID:
    『どうぶつの森 ポケットキャンプ』世界中で6日間に1500万ダウンロード突破か
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171128-00000000-isd-game

    Sensor Towerは、同社の”Store Intelligence”による推計に基づくと、
    『どうぶつの森 ポケットキャンプ』は世界中で少なくとも1500万回ダウンロードを
    行われていると発表しました。
    2:2017/11/28(火) 11:51:02.40 ID:
    化け物かよ
    【【超朗報】どうぶつの森 ポケットキャンプ たった6日間で1500万DL突破した模様www】の続きを読む

    1:2017/11/26(日) 20:10:28.75 ID:
     http://jp.ign.com/animal-crossing-app/19707/feature/
    ・『どうぶつの森』シリーズはどうぶつ達とのコミュニケーションとスローライフを楽しむゲームである。好きなことをして嫌いなことを無視してのんびり楽しめるシリーズだ

    ・しかしスマホ『どうぶつの森ポケットキャンプ(ポケ森)』は毛色が違う。キャンプレベルを上げるなど、なんらかの明確な目的があってそれを達成するために行動する必要がある

    ・本作はとにもかくにも何をするにもキャンプ場を発展させるキャンプレベルを上げなければならない

    ・キャンプレベルを上げるためにはどうぶつたちのお願いを聞く必要がある。どうぶつたちのお使いをすることで好感度があがり、作れる家具の種類ややってくるどうぶつの種類が増えていく

    ・レベルを上げた後は素材集めに奔走する。次第にどうぶつたちはキャンプ場へ誘致するために多くの家具を欲するようになるため、それに必要なベル(お金)や素材も集める必要が出てくる

    ・家具を作る際や果物が再び成るまでに時間がかかるため、早くゲームを進めたい場合には有料の時短アイテム「リーフチケット」を使う

    ・基本無料タイトルのため、有料アイテム使わせる設定にする必要がある。魚釣り、家具作り、どうぶつたちとのコミュニケーションなど、どの行動にも足かせがつくように設計されている

    ・本作の大きな特徴は効率的なプレイで貯金額(レベル)を増やしていくような快感である。たとえば今回は引っ越してくるどうぶつたちがランダムではなく、指定された順にアンロックされるため、目標のために日々の労働を頑張るような楽しさがある
    2:2017/11/26(日) 20:13:26.61 ID:
    ・「どうぶつの森」シリーズは、引っ越してくるどうぶつ、村を去ってしまうどうぶつ、公共事業、村の形など、ランダムに支配されたゲームだった。そのランダムな世界の中で「ゲームだがすべてを自分の思い通りにするのではなく、そこに既にあるものを楽しむ」という思想だった

    ・『ポケ森』は「どうぶつの森」シリーズであるが、その方向性は全く異なる。シリーズ経験者が本作にショックを受ける可能性があるのは間違いないし、逆に『ポケ森』経験者が今後に発売される家庭用ゲーム機向けシリーズを遊び「思っていたものと違う」となることも可能性としてはあり得る

    ・本来スローライフを楽しむゲームなのに、なぜ数字を稼いだりあくせく働くことを楽しみとしたゲームを「どうぶつの森」として出したのだろうか?
    【IGN「スマホ版どうぶつの森は他シリーズとまったく違う。魅力の“スローライフ”を“労働”に変えた」】の続きを読む

    1:2017/11/26(日)12:27:23 ID:
    残当
    歩兵の嵐だったらしいし通史ねらーも常に起きてたらしい
    2:2017/11/26(日)12:29:15 ID:
    おんjでしてる奴もそうおらんやろもう
    【ワイの周りでどうぶつの森のアプリしてた奴全員消えてて草】の続きを読む

    Top▲